どんな出会いがあるのかな

出会いの機会って、どんな機会があるのでしょうか。

30歳までに最適な出会いの機会


大きく分類すると、以下のようなのがあるのではないでしょうか。
若いうちに、婚活繋がる出会いの場所としては、以下のケースが考えられるでしょう。

  • 合コン
  • 婚活パーティー
  • 趣味サークル
  • ナンパ
  • アラフォーあたりになると、ここに結婚相談所による紹介、なんてのが入って来たりします。

    30歳までの出会いの機会として不適切なもの

    結婚相談所

    若いうちの結婚相談所はなぜだめか
    正直な話、若いうちに結婚相談所に頼るのはやめておいたほうがいいでしょう。
    若いうちは、できればいろいろな人に出会っておきたいです。
    自分のアイデンティティは、自分が一番わかっていないものです。
    いろいろな人に出会い、いろいろな意見を聞くうちに、だんだん自分がどういうものかわかって来ます。
    別れの数が多いほど、自分が成長すると思って間違いないです。
    結婚相談所は、あなたが提供したデータから、結婚相談所のロジックに従い、結婚相談所が適切だと判断した相手を紹介します。
    出会いにあなたの意見は入らないのです。
    だから、人と出会うことによるあなたの成長はほとんどないと言っていいでしょう。
    アラフォーになって、ある程度の人格が形成された後で、残された時間が少ないとか、婚活としての出会いの機会が少ないと言った場合に結婚相談所を利用するのはアリでしょう。
    アラフォーの方の結婚相談所の活用については、こちらにまとまっているのでご覧ください。

    職場

    昔は職場での出会いが結婚につながる一番多いケースでだったと思います。
    私も妻は同僚でした。
    愛は近くに求めよ、とよく言いますが、その典型だと思います。
    しかし現代は様々な理由で、職場で出会いを求めることは、困難になってきています。
    セクハラの問題
    気に入った異性に熱心にアプローチすることは、昔からよくあることだと思います。
    相手のことを考えいないでも、熱心に押せば相手がなびくケースはよくありました。
    でも、今、それをやると「セクハラ」「パワハラ」となって、訴えられるケースです。
    事実としてハラスメント認定されない程度であっても、会社から目をつけられるのがオチです。
    その後の、あなたの会社員生活に大きな影を落とすこと間違いなしです。
    あなたの片面ばかり見られている
    仕事中のあなたが、あなたの全てではありません。
    でも、同僚の場合、ほとんどの時間は仕事中のあなたしか見られていません。
    使い始めてプライベートを見られた途端、相手が冷めてしまうというケースはよくあります。
    別れた後も付き合わなければならない
    そして同僚と付き合った場合、もしなんらかの理由で別れたとしても、同僚としてそのまま付き合わなければなりません。
    頭では別れたことを理解していても、実際の行動はなかなかそれに伴わないもの。
    無用なトラブルの元になってしまいます。

     COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    婚活パーティー

    結婚がゴールじゃないからこそ早めに結婚

    最後はやっぱり婚活サイト

    英会話スクールは出会いの場

    出会いは仕掛けるものである!

    男女間は意見が違うから面白い

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。